ブログ

LENZING SEMINAR OSAKA 2014 report

Tipico WEB SITE をご覧いただきありがとうございます。

先日の5月14日に<レンチングセミナー大阪 2014>がありました。

本日は、そのセミナーの報告です。

レンチング社は、Tipico定番品の<テンセル>の原綿を生産している会社です。 <テンセル>は、木材パルプ(ユーカリの木)を原料とするセルロース繊維で、 吸湿性に優れ、繊維自体が綿やウールと比べて滑らかで柔らかいため、 皮膚刺激が少なく、肌にとても優しく、柔らかい風合いが特徴です。

テンセルのデメリットイメージとして「シワになりやすい」とよく言われますが、 実際は、その逆で、水分を含むと繊維が膨張するために、洗濯中にシワの形状が抑えられます。 また、試験によって、形成されるシワの数が少なく、ハンガーに吊るすことで従来の綿のシャツよりも 短時間でシワがなくなることがわかったそうです。

実際に、Tipicoでも実験をしてみました。

テンセル100%と綿100%の生地を用意します。

TNvsC-1

手で丸めてシワをつくり水槽にいれます。

以下、左が<テンセル100%>、右が<綿100%>です。

TNvsC-2

水槽の中で生地を離し、洗濯のように混ぜると、、、

このようになりました。

TNvsC-3

TNvsC-4
さらに、生地の端を引っ張り整えると、、、TNvsC

左のテンセル 100%のほうが、シワの回復がはっきりとわかります。

今回の実験で、テンセルはシワになりにくいということがわかりました。

また、Tiicoでは、テンセルの商品を多数展開しています。

是非、ご覧ください。

 

持田

 

関連記事

ページ上部へ戻る