ブログ

ニドムバイオ加工

いつもTIPICO WEBサイトをご覧いただきましてありがとうございます。

今回は、ニドムバイオ加工についてご紹介したいと思います。

TIPICOでは15年以上前から展開を続けている商品もある 非常に馴染みの深い加工ですが、現在では加工出来る機械やノウハウを持っている加工場も数件しかなく世間一般的には非常に特殊なニドムバイオ加工を改めてご紹介させて頂きたいと思います。

<CELCHIC-T216>
CELCHIC-T216

<CELCHIC-T318>
CELCHIC-T318

 ニドムバイオ加工の特徴は、簡単に言うと製品洗いの表情や風合いを生地(原反)で 表現する加工です。というのが一番簡単な説明になるのですが、 もう少し詳しく説明しますと、ニドム加工機で水中で織物をリラックスさせた状態で膨潤させ生地と生地の表面を揉み叩き加工によりこすり合わせることにより天然素材の特性であるブレード性やハリコシ感をもつ弾力性を与え同時に与え同時にフィブリル(分繊)を発生させます。このフィブリルを分解酵素(セルラーゼ酵素)で、均一にコントロールする事により、独特のパウダータッチや滑らかな表面感を作り出しています。ニドム加工機は、イギリスのコートルズ社により開発された精製セルロース繊維「テンセル」の専用加工機として日本で開発されました。

 弊社では、テンセルだけではなく高密度に織られた天然繊維の生地ではテンセルの膨潤やフィブリル化に似た表情がニドムバイオ加工によって再現出来る事に着目し高密度コットンのシリーズでの開発や展開にも取り組んでいます。現在日本国内でも、非常に希少な加工スペースで高度なノウハウと 手間や時間のかかる加工ですが、この加工でしか表現できない生地の風合いや表情をうみだすTIPICOらしい加工の一つだと思います。

<TP-2589-NDM>
TP-2589-NDM

<TP-4899-NDM>
TP-4899-NDM

ニドムバイオ加工生地の商品に関するお問い合わせやサンプルのリクエストは 弊社の営業担当者までお気軽にお声掛けください。

オカダ

関連記事

ページ上部へ戻る