ブログ

2018-2019 AW COLLECTION レポート

いつもTIPICO WEB SITEをご覧頂きありがとうございます。

先日、2018-2019 AW COLLECTIONを東京営業所と大阪営業所で開催しました。

今回は、展示会のレポートです。

 

テーマは「VINTEGE UPDATE」で、ヴィンテージ感のある表情でハリ感が特徴の素材、
またハリ感とは真逆のソフトな風合いが特徴の秋/冬アウター素材などをメインに展示しました。

 

ハリ感が特徴の商品は、「TP-481 ナイロン タフタ塩縮加工(撥水付き)」と

「TP-7482 ナイロン/綿 塩縮風カルゼ 耐久撥水加工」が特に好評でした。

 

「TP-481 ナイロン タフタ塩縮加工(撥水付き)」

ナイロンタフタを特殊な処方で縮めることによって、さらに高密度でハリコシの強い

ハードな風合いの塩縮加工独特のタッチに仕上げました。

色は3色展開で、全て現物ございます。

 

 

「TP-7482 ナイロン/綿 塩縮風カルゼ 耐久撥水加工」
ナイロン/綿のカルゼに特殊な塩縮風合いを施すことで生地の強度を向上させハリ感を出し、
さらに耐久撥水加工を施した素材です。現在加工中で2月末頃の上がり予定です。

 

MA-1やモッズコートなどでいつものスタイルをアップデートしてみてはいかがでしょうか。

[製品イメージ]

 

 

さらに、ソフトな風合いの商品は、「SPM-1146 スーピマ綿60/2 ライトモールスキン サンドム加工」と

「TPEM-5917 綿40/2高密度ギャバ タンドフィニッシュ」が好評でした。

 

「SPM-1146 スーピマ綿60/2 ライトモールスキン サンドム加工」
上品な光沢感が特徴のスーピマ綿のライトモールスキンに、製品洗い風の特殊な加工を施した、
フィブリル感のある滑らかな風合いが特徴の素材です。

 

「TPEM-5917 綿40/2高密度ギャバ タンドフィニッシュ」
綿の40/2を使用した高密度ギャバジンに、革の鞣し加工の様な特殊加工を施した、
繊細で滑らかな風合いが特徴のボリュームのある素材です。

 

滑らかで柔らかい風合いの商品で、こなれ感のあるトレンチコートはいかがでしょうか。

[製品イメージ]

 

その他、定番商品のナイロン素材をキルティング加工して展示しました。

[キルティングサンプル]

 

[製品イメージ]

 

2018-19秋冬向けの素材集めも本格化してきた方も多いと思います。

新品番や新色は随時上がってくる予定ですので、

サンプルご要望のお客様は、各営業担当までお気軽にお申し付けください。

 

山形

 

関連記事

ページ上部へ戻る