ブログ

Stitched Weave

いつもTIPICO WEBサイトをご覧いただきましてありがとうございます。

今回は昨年より弊社のカヤヌコットンシリーズに加わりました刺子織についてもう少し詳しく商品説明をさせていただきます。

刺子織り

刺子織とは、日本の伝統手芸のひとつである「刺子」に似せて浮織で縦糸や緯糸を浮かせて模様を織り出した織物の総称です。

「刺子」とは表裏2枚の布を重ねて刺し縫いしたもので、綴り縫いあるいは綴れ刺しともいわれます。本来は衣類の傷んだ箇所を縫い、補強して保温効果を高め、長持ちさせる為の技法であり、木綿生産に適しない東北各地、あるいは交通の不便な山間地、労働条件の厳しい漁村などでさかんに行われました。
丈夫なので江戸時代以降、主として火事装束、胴着、武道の稽古着、作業着などに用いられました。

弊社では昨年よりオリジナルのKAYANUブランドの糸を使用した刺子織の商品展開をスタートしました。

KAYA-1052

KAYA-1052という品番で3色展開にて展開していますので、サンプル帳ご依頼等は、お気軽に各営業担当までお問い合わせください。宜しくお願いいたします。

OKADA

関連記事

ページ上部へ戻る